Welcome to ISLisp


OKI ISLisp
OKI ISLispは、京都大学、豊橋技術科学大学、沖電気工業株式会社及び ㈱沖テクノシステムズラボラトリ(現沖ソフトウェア)により開発されたISLisp処理系である。
本研究開発は、IPA(情報処理推進機構)の補助金によって行われた。

OKI ISLisp の特徴 

OKI ISLisp は,ISLisp の普及を目的として開発され,広範なマシン環境に 容易に移植可能であり,かつ充分な処理性能を実現することを念頭に開発された. OKI ISLisp は以下の特徴を持つ.
 
ISO規格準拠のISLisp処理系
OKI ISLisp は ISO規格に準拠するISLisp処理系である。 ISO規格準拠を保証するために, ISO規格に基づき、また規格を補完する形で  記述された多数の検証データをもつ検証システムによりISO規格との合致を確保している。
 
種々のCPUへの移植性を考慮した設計
OKI ISLisp 開発の目的の1つは、ISLisp の普及であり、このため短期間に種々の CPU及びOSへの移植を容易にする設計に基づいて開発されている。 具体的には、スタックマシンをモデルとするバイトコードマシンとし、コンパイラはこの 抽象的なバイトコードマシンを対象とするバイトコードプログラムを生成する。
 
コンパクトな処理系
OKI ISLisp は,ほぼ全部を ANSI-C で記述しており,コンパクトな処理系になっている。 各OSに対応した種々のバージョンはいずれも 300 ~ 500 KBのサイズに 収まっており,小さなコンピュータ環境での動作,高速な起動,プラグインとしての 組込みが可能になっている.
 
高い実行性能 
上記のバイトコードマシンは、機械語命令を生成するコンパイラに対して、 性能的には一般には不利であるが、タグ等のLisp object の構成を高速なアクセスや 演算が可能になるように設計すことにより他のLispシステムに対しても十分な  高速性を実現している。
また, Common Lisp よりも簡潔な言語仕様により高い実行性能を実現している.

サポートするCPUとOS 

OKI ISLisp が現在、次表に示すCPUとOSをサポートしている。
Version CPU OS
Windows Intel IA32 Windows XP/Vista/7
Linux Intel IA32 Linux
Solaris SUN SPARC Solaris
HP-UX HP-PA HPUX